商売繁盛の招き猫の置物など開店祝いの贈り物を紹介

商売繁盛の招き猫の置物である大入り招き猫

商売繁盛の招き猫の置物:正面画像

商売繁盛の招き猫の置物:背面画像

商売繁盛の招き猫の置物:左側面画像

商売繁盛の招き猫の置物:右側面画像

◎多くのお客様を招き寄せ、商売を繁盛させたい方におすすめ

こちらの招き猫の置物は左手を上げておりますので、

「千客万来のご利益を招きたい方」に

おすすめの商品となっております。

また、こちらの商品は通常の常滑焼の招き猫が右手に持っている小判の代わりに、「大入りと書かれたボード」を持っておりますので、

「より多くのお客様を招きよせ、商売繁盛したい方」に

おすすめの商品となっております。

ちなみに、招き猫が小判を掴んでいる意味についてですが、昔の金塊や小判などのお金の形は、「財運を招く効果がある」と言われていることから、猫が小判を掴むようになりました。

こちらの商品は、ご自分のためにお買い求めになるのももちろん結構ですが、

「お花以外の開店祝いのプレゼント」

「お店の周年記念のお祝い品」

などとして、お買い求めになるのもおすすめです。

☆素材について

常滑焼といわれる「焼き物」で出来ている招き猫の置物です。

☆白色の意味について

白色の招き猫は「福を招く力が強い」といわれているので、様々なご利益を少しずつ招きたい方におすすめです。

☆白色の招き猫の置き場所

「陰陽論」と並んで、風水の基本になっているのが「五行思想」です。これは、世の中にある万物を「木」「火」「土」「金」「水」の5つの「気」に分けて考えるという古代中国の思想です。

白色は「金」に属し、方角的には「西」「西北」に分類されますので、白色の招き猫は「西」「西北」の方位に置くのがおすすめです。

☆貯金箱として

なお、貯金箱としても使用可能ですので、折々に節約し、沢山貯金して頂くのもよろしいかと思います。

ただし、「取り出し口はない」のでご注意ください。

☆貯金箱の招き猫の置き場所

貯金箱である招き猫の置き場所は、下記の「財方位」か、「東北」に置くのがおすすめです。

なぜ「東北」かといいますと、風水において「東北」は、「山」を象徴する方位になります。「蓄積」という意味もあり、コツコツお金を貯めたいときには大きなパワーを発揮してくれます。

その反対に、避けたほうがいいのが「南」。「南」は強い「陽の気」を持っていますが、「火」の意味もある方位。せっかくの金運を燃やしてしまうことがあるので注意が必要です。

ただし、「財方位」が「南」になる場合は、例外になります。

ちなみに、招き猫の貯金箱は、左手を上げている招き猫の貯金箱を置いて、その次に右手を上げている招き猫の貯金箱を置くこと。

なぜなら、風水では「財は人が運んでくる」と考えるからです。

☆「財方位」の調べ方

「財方位」は家の玄関(部屋のドアでも可)がどの方位にあるかで異なりますので、下記をご参照いただき、それぞれの住居の財方位を確認してください。

玄関が北向きの家・・東、西南

玄関が東向きの家・・西南、北

玄関が西向きの家・・北、東南

玄関が南向きの家・・東南

玄関が東北向きの家・・東南

玄関が西北向きの家・・東、南

玄関が東南向きの家・・西南、東

玄関が西南向きの家・・西

招き猫の取り扱い通販サイトと置物の紹介

こちらの「大入り招き猫」は、「開運グッズショップ二升五合 公式サイト」にて、販売しております。
開運グッズショップ二升五合の公式サイトへ

左手上げの招き猫の紹介

左手上げ招き猫の置物

手の長い左手上げの招き猫の置物

商売繁盛の招き猫の置物

ドル猫ことドル招き猫

だるま招き猫

金色の招き猫の置物

かわいい招き猫の置物

おしゃれな招き猫の置物

 

右手上げの招き猫の紹介

右手上げの招き猫の置物

手の長い右手上げの招き猫の置物

金運アップの招き猫の置物

ラッキーキャット

 

 

その他の招き猫の紹介

可愛い招き猫の置物

小さい招き猫の置物

両手上げの招き猫の置物

記事のカテゴリー別の一覧

招き猫の基礎知識

招き猫の手の意味

招き猫の色の意味

招き猫の置き場所

招き猫の種類

招き猫の処分方法

お祝いのマナー