招き猫の色の意味

金色の招き猫について

金色の意味について

招き猫の色は一般的には三毛猫ですが、近年では様々な色のものがあり、色ごとに意味が異なります。

金色の招き猫は「金運上昇」を意味しますので「金運をアップさせる招き猫」を求める方におすすめです。

右手と左手の意味の違いについて

招き猫には右手上げのものと左手上げのものがおり、

「右手が上がっている招き猫は金運を招く」

「左手が上がっている招き猫は人とのご縁を招く」

といわれています。

ですので、「金運をアップさせる招き猫」を求める方には「金色の招き猫」がおすすめなのですが、右手と左手のご利益の違いも考慮いたしますと「右手を上げた金色の招き猫」が一番のおすすめです。

両手を上げた置物の意味について

右手と左手、左右両方の手を上げた招き猫は、「金運とお客様の両方を招いてくれる」といわれています。

ですので、「右手を上げた招き猫」よりも「両手を上げた招き猫」のほうが、より強くご利益を招いてくれそうですが、

『両手を上げている姿が「お手上げ」に通じる』ということから、嫌う方もいらっしゃいます。

どちらの考えをとるかは自分次第ですので、よく考えてお決めください。

金運をアップさせる置き場所について

方位には、様々なパワーが隠されていますが、金運をアップさせたいときには「財方位」に置くのがオススメです。

「財方位」とは、家の玄関によって決まる、「金運を招く方位のこと」です。

☆「財方位」の調べ方

「財方位」は家の玄関(部屋のドアでも可)がどの方位にあるかで異なりますので、下記をご参照いただき、それぞれの住居の財方位を確認してください。

玄関が北向きの家・・東、西南

玄関が東向きの家・・西南、北

玄関が西向きの家・・北、東南

玄関が南向きの家・・東南

玄関が東北向きの家・・東南

玄関が西北向きの家・・東、南

玄関が東南向きの家・・西南、東

玄関が西南向きの家・・西

貯金箱の置き場所について

貯金箱である招き猫の置き場所は、上記の「財方位」か、「東北」に置くのがおすすめです。

なぜ「東北」かといいますと、風水において「東北」は、「山」を象徴する方位になります。「蓄積」という意味もあり、コツコツお金を貯めたいときには大きなパワーを発揮してくれます。

その反対に、避けたほうがいいのが「南」。「南」は強い「陽の気」を持っていますが、「火」の意味もある方位。せっかくの金運を燃やしてしまうことがあるので注意が必要です。

ただし、「財方位」が「南」になる場合は、例外になります。

ちなみに、招き猫の貯金箱は、最初に「左手を上げている招き猫の貯金箱を置き」次いで「右手を上げている招き猫の貯金箱を置く」こと。

なぜなら、風水では「財は人が運んでくる」と考えるからです。

金色以外の色の意味について

白色:運気上昇

青色:交通安全

ピンク色:恋愛成就

黒色:魔除け・厄除け

赤色:病除け

黄色:良縁祈願

緑色:合格祈願

招き猫の取り扱い通販サイトと紹介について

こちらの「招き猫」は、「開運グッズショップ二升五合 公式サイト」にて、販売しております。

左手上げ招き猫の紹介

開店祝いプレゼント

開店祝いのギフト

胡蝶蘭以外の新装開店祝い

飲食店の開店祝い

美容院の開店祝い

カフェの開店祝い

周年祝いのプレゼント

お店の周年お祝い

 

右手上げ&その他の招き猫の紹介

開業祝いの贈り物

バーの開店祝い

事務所の開業祝い

独立開業祝い

周年記念のお祝い品

居酒屋の開店祝い

スナックの開店祝い